設立趣意
 わが国の保健衛生の水準は、戦後の国民生活の安定向上、公衆衛生対策の充実などに伴い、寿命の著しい伸長、伝染病の減少、生活環境衛生の整備等にみられるように顕著な向上を示していますが、一方近年の経済成長とそれに伴う人口の都市集中化、人口構造の変化などにより、成人病、精神障害、公害による疾病などが増加し、これらはわが国民の保健衛生上の新しい問題として解決を迫られています。さらに、国民所得の増加など国民の消費水準の上昇に応じて、保健衛生に関する国民の要請も従来の疾病予防といういわば健康の消極面にとどまることなく、健康を積極的に増進するという方向に年とともに増大しつつあります。
 しかしながら、わが国の保健衛生の現状は、上の国民的要請にこたえるべく、いまだ十分な段階に至っているとはいいがたく、さらに各分野における意欲的な努力が痛感されるのであります。
 以上のような点に着目して、多年生命保険事業を通じて国民が健康で文化的な生活を営むことに多大の関心を寄せてまいりました三井生命保険相互会社は、会社40周年を記念し、国民の健康の保持および増進をはかるための諸活動を行なうことにより、わが国の保健衛生水準の向上をはかり、もって社会公共の福祉に貢献したいと念願するものであります。
 
昭和42年8月

設立代表者  三井生命保険相互会社
社長 米山 美雄
  
Copyright © 2007 Mitsui Life Welfare Foundation
トップページへ このページの最初へ トップページへ このページの最初へ